profileパソコンの組立修理
profileパソコンのSetting(Win系) & インターネット接続
profileネットワーク構築 & メンテナンス
profile無線LANのSetting
現在時刻:ブラウザが対応していません

御用の方はMail(higashino@kijimomi.net)か
090-3862-4947
※ JavaScriptをOnにしてください
Kijimomi_Rogo


京都府八幡市で、パソコンの初期設定、トラブルの出張・修理、インターネット接続・LAN(無線を含む)の設定、OSやアプリケーションのインストール・設定などを行っています。
インターネット、ネットワークやパソコンに関することなら何でも相談ください。(Windows系 Only)
テリトリー :京都南部(伏見区、久御山町、八幡市)、枚方市くずは地区    Mail(higashino@kijimomi.net)か090-3862-4947迄

メールの移行

■Windows メールからWindows Live メールへ移行

方法としては「アカウント」、「アドレス帳」、「メッセージ」をエクスポートして、それをLiveメールでインポートするだけの操作です。

データ保存用のフォルダーを作成(名前は適当に)

(フォルダーにメール、アドレス帳、アカウントのデータを保存)

メールアカウントのエクスポート(Windowsメールから)
  1. Windows メールの[ツール]から[アカウント]をクリック
  2. 移行するアカウントを選択し、[エクスポート]ボタンをクリック
  3. エクスポート先を「データ保存用のフォルダー」に設定し、ファイル名はそのままで[保存]ボタンをクリック
  4. 保存が完了したら、[OK]ボタンをクリック
アドレス帳のエクスポート(Windowsメールから)
  1. Windows メールの[ファイル]メニューの[エクスポート]−[Windows アドレス帳]をクリック
  2. [vCard]を選択して、[エクスポート]をクリック。保存先を「データ保存用のフォルダー」に設定し、「アドレス帳」のファイル名をつけて保存
  3. 保存が完了したら、[OK]ボタンをクリック
メッセージのエクスポート(Windowsメールから)
  1. Windows メールを起動して、[ファイル]から[エクスポート]−[メッセージ]をクリック
  2. [Microsoft Windows メール]を選択し、[次へ]をクリック
  3. [参照]をクリックし、保存先を「データ保存用のフォルダー」に設定
  4. 保存対象のフォルダーを指定します。[すべてのフォルダ]を選択して、[次へ]をクリック
  5. 「エクスポートの完了」を確認したら、[完了]をクリック
データ保存用のフォルダーをUSBメモリーやCD、CDRWに書き込む
メールデータのインポート(Windows Live Mailへ)
データ保存したUSBメモリーやCDをメールデータを取り込むPCにセットする
Windows Live メールを起動。
※ 「電子メールアカウント情報を以下に入力してください。」と表示された場合は[×]ボタンで閉じる
メールアカウントのインポート(Windows Liveメールへ)
  1. [ファイル]をクリックし、メニューの[オプション]から[電子メールアカウント]をクリック
  2. [インポート]ボタンをクリック
  3. 最初にコピーしてきたファイル名を指定して[開く]をクリック
  4. 「アカウント」のウインドウに戻り、アカウントが追加されたことを確認して、[閉じる]をクリック
  5. Windows Live メールの左側に移行したアカウントが表示されていることを確認
アドレス帳のインポート(Windows Liveメールへ)
  1. アドレス帳(Userフォルダーの下にあります)の[インポート]をクリック
  2. [vCard]ー[インポート]でコピーしたデータをインポート
  3. アドレス帳の登録内容を確認して、[OK]をクリック
  4. 「アドレス帳は、以前の場所および形式から、Windows アドレス帳フォルダにインポートされました。」と表示されたら、「閉じる」ボタンをクリック
メッセージのインポート(Windows Liveメールへ)
  1. [ファイル]をクリックし、メニューの[メッセージのインポート]をクリック
  2. ウィンドウが表示されます。移行元の電子メールとして「Windows メール」を選択して、[次へ]ボタンをクリック
  3. メッセージの場所を求められます。[参照]ボタンをクリックして、手順1. の最初にコピーしてきたメッセージの場所を指定
  4. 「フォルダーの選択」と表示されるので、[すべてのフォルダー]を選択して、[次へ]をクリック
  5. 「インポートの完了」が表示されます。[完了]ボタンをクリック
  6. Windows Live メールに、インポートされたメッセージが表示されていることを確認

■Outlook ExpressからWindows Liveメールへ

「アカウント」、「アドレス帳」はエクスポートして、それをLiveメールでインポートするだけの操作でが、「メッセージ」のエクスポートはややこしいです。

データ保存用のフォルダーを作成

(フォルダーにメール、アドレス帳、アカウントのデータを保存)

メールアカウント設定のエクスポート(Outlook Expressから)
  1. Outlook Expressの[ツール]から[アカウント] をクリック
  2. [メール] をクリック、移行したいメールアカウントをクリック
  3. 複数のアカウントが並んでいるときは、自分が使っているアカウントを選ぶ
  4. [エクスポート] をクリック、で先に作成した「データを保存用のフォルダー」をダブルクリック [保存]
アドレス帳のエクスポート(Outlook Expressから)
  1. Outlook Express を起動し [アドレス] をクリック
  2. アドレス帳が開いたことを確認。
  3. [ファイル] をクリック、 [エクスポート] をクリック、 [アドレス帳] をクリック
  4. 「エクスポートするアドレス帳ファイル」で先に作成した「データを保存用のフォルダー」をダブルクリック
  5. 「アドレス帳」と入力、[保存] をクリック
メッセージのエクスポート(Outlook Expressから)
  1. Outlook Expressの[ツール]から[オプション]をクリック
  2. [メンテナンス] タブから [保存フォルダ] をクリック
  3. 表示されている文字列を右クリック 、[すべて選択] をクリック
  4. 文字列を右クリック、 [コピー] を選択、[OK] をクリック
    いったん Outlook Express を終了
  5. [スタート] ボタンをクリック、 [ファイル名を指定して実行] をクリック
  6. 入力欄を右クリック、 [貼り付け] をクリック
  7. 文字列が貼り付けられたことを確認、 [OK] をクリック
  8. [上へ] をクリック
    一つ上のフォルダー「Outlook Express」へ
  9. このフォルダーを「コピー」し”データを保存用のフォルダー”に貼り付け
    ここの「Outlook Express」 というフォルダが、メールデータが保存されたフォルダー
データ保存用のフォルダーをUSBメモリーやCD、CDRWに書き込む
メールデータのインポート(Windows Live Mailへ)
データ保存したUSBメモリーやCDをメールデータを取り込むPCにセットする
[Windows Live Mail] を起動する
※ 初めて Windows Live メールを起動したときは、新規にアカウントを作成する画面が開きますが、閉じておく。
アカウントのインポート(Windows Live Mailへ)
  1. TOOLまたは[ファイル]をクリック、[オプション] をクリック、[電子メール アカウント] をクリック
  2. [インポート] をクリック、データ保存したUSBメモリーやCDの「データ保存用のフォルダー」を指定、ダブルクリック
  3. [○○.iaf] と書かれたファイルをクリック
  4. ファイル名の最後に 「iaf」 と付いているファイルが、アカウント設定のファイル
  5. [開く] をクリック
  6. メールの項目に取り込んだアカウント設定が追加されていることを確認
  7. [閉じる] をクリック
  8. アカウント名が表示されていることを確認
アドレス帳のインポート(Windows Live Mailへ)
  1. Windows Live メールの[アドレス帳] をクリック
  2. [インポート] をクリック、[Windows アドレス帳] をクリック
  3. データ保存したUSBメモリーやCDの「データ保存用のフォルダー」を指定、ダブルクリック
  4. [アドレス帳] をクリック」
    アドレス帳のファイル名は、これまで使っていたパソコンでアドレス帳の保存の作業をしたときに付けたファイル名が表示されます。
  5. [開く] をクリック、[OK] をクリック、アドレス帳が取り込まれたことを確認
メッセージのインポート(Windows Live Mailへ)
  1. TOOLまたは[ファイル]をクリック、[メッセージのインポート] をクリック
  2. [Microsoft Outlook Express 6] をクリック、 [次へ] をクリック、[参照] をクリック
  3. データ保存したUSBメモリーやCDの「データ保存用のフォルダー」 をクリック、「Outlook Express」 をクリック[OK] をクリック
    「Outlook Express」 が、メールデータが保存されているフォルダーです
  4. [次へ] をクリック
  5. [インポートされたフォルダー] をクリック、 [受信トレイ] をクリック
  6. [すべてのフォルダー] にチェックを入れる、 [次へ] をクリック、[完了] をクリック
これまで使っていたパソコンからコピーしたメールが読めることを確認。
メッセージの移動
[インポートされたフォルダー] から、使用するアカウントの受信トレイにメールを移動
  1. フォルダー] タブをクリック、[受信トレイ] をクリック、受信トレイ内のメールを全部選択
    ひとつのメールをクリックした後、Ctrl を押しながら、A を押すと、フォルダー内のすべてのメールが選択されます。
  2. [メッセージの移動] をクリック、[受信トレイ] をクリック
  3. 取り込んだアカウント設定 内の 「受信トレイ」 を選択します。
  4. [OK] をクリック
    [インポートされたフォルダー] 内のメールが消えていることを確認
  5. [受信トレイ] をクリック
  6. 取り込んだアカウント設定内の 「受信トレイ」 を選択します。
移動したメールが表示されていることを確認