迷惑ソフト
★ right coupon 広告
★ Systweak RegClean Pro 最近は『BetterMarkit』『TornTV』に張り付いて現れる方が多いかも・・・
★ Babylon
★ Hao123
の削除

Adblock Edge や Adbloc Plus 等のアドオンを入れれば消える場合がありますが、再度現れる場合もあります。
Web上に対処法は色々出ていますが確実な削除方法は良く分からないヤッカイなマルウエアーです
私も感染して色々やりましたが確実に消すことは出来ず
AdwCleaner でスキャン → アンインストール(一括削除)でOKでした。
但し、間違ってマルウェア扱いされるファイルもあるので、一括ではなく一つずつファイルを見つけて手動で削除した方が良い場合もあるようです。
実際に行った経験はありませんがWeb情報によると、「Systweak RegClean Pro」や「Babylon」、「Hao123」も削除出来るようです。

☆ Systweak RegClean Pro (スパイウェアが発見されました)

【スパイウェアが検出されました】 等という各種ブラウザ上の画面の表示について RegClean

こう言うやつです。!!
これ以外にも違う表示がいっぱいあります。(最近種類がどんどん増えてます。)

海外製フリーソフトのインストール時は要注意!
表示は色々ありますが・・・・
と言うような表示が出るやつです。
削除方法
  • IE→ツール→インタ−ネットオプション→プライバシー→詳細設定→自動クッキーの処理を上書きするにチェック→サードパーティーのクッキー を ブロックするに変更→OK
  • IE→ツール→アドオンの管理→ad.yieldmanagat yontooがあれば無効にする
  • 最近(2013/08 以降)Yontooから名前を変えて出てきています。該当するアドオンがあれば無効に!!
※ 最近は無茶苦茶です!! 上のような表示が出ればすぐにアドオンをチェック!!
Systweak製品をクレジットカードにて購入した場合
RegClean Proを始めとするSystweak製品全般について自動更新が有効となり、毎年一定金額が自動的に引き落とされることとなってしまいます。
引き落としを中止するためにはSystweak製品の契約解除を申し入れる必要があり、手間がかかりますから決して購入しませんようにお気を付けください。
これ以外にも
大量のエラーを見せつけ不安を煽って購入誘導するソフト
無料スキャン ⇒ 必ず大量エラー ⇒【 解決したければ今すぐ購入を】の表示をするソフト等
  • 【レジストリにエラーがあるから危険】
  • 【ドライバのバージョンが古いから危険】
  • 【駆除しないと危険】
  • 【ファイルの拡張子に問題があるから危険】
  • 【ファイルをバックアップしないと危険】
スキャン処理までは無料で、見つけ出した「脅威」「エラー」「警告」「注意」なるものを解決したいなら、『今すぐ有償版を買って対処』となる販売手法をとってる有償ソフト等
その他
マイクロソフト認定!? マイクロソフト推奨!? マイクロソフト製品!?
これらのソフトのダウンロードページには、
『Microsoft Partner Gold ISV』
『Microsoft CERTIFIED Partner』
のロゴをあからさまに目立つように貼り付けてあるパターンがあります
※ 最近では『SYStweak RegClean Pro』に直接感染では無く、『BetterMarkit』や『TornTV』に張り付いて現れるやつがあります。
『BetterMarkit』はコントロールパネルのプログラムの削除から簡単に削除出来ますが、
『TornTV』はプログラムや実行ファイル、アドオンを削除してもレジストリーに残って悪さをしますので、レジストリーからの削除も必要で非常にやっかいです。
さらに、『PC上で TornTV.exe レジストリ破損を検出します』と言うマルウェアーまで出てきています。
 

☆ Babylon Toolbar , Babylon HomePage & Babylon SearchEngine

ブラウザ寄生で評判が悪いBabylon Toolbarとバビロン検索エンジン
非常に癖の悪いソフトです。
Babylon
このバビロンツールバーとバビロン検索エンジンは、海外製フリーソフトなどのインストーラに引っ付いていて、同時インストールのチェックを外さないで、適当にボタンを押してしまったことが原因で導入される場合がほとんどのようです。
同じように寄生して落ちてくるの検索エンジンにMicrosoftのBingが有りますが、こちらは削除や無効化は容易です。
両者とも「コントロールパネル」の「プログラムのアンインストール」から削除出来ますが、
Bingはアンインストールすれば終わりに対し、
Babylonはアンインストールしてもすぐに生き返ります。

Babylon Toolbar と Babylon Searchの無効化 (削除前の下準備)

Chromeの場合

  1. ブラウザの[拡張機能]【URL入力欄に chrome:extensions】で「Babylon ・・・」というよう拡張があったら、ゴミ箱マークで削除
  2. ブラウザの設定にある「起動時」【URL入力欄に chrome:settings】項目の[特定の 1 つのページまたは複数のページを開く]の隣りの「ページ設定」で、「Babylon ・・・」というような項目があったら削除
  3. ブラウザの設定にある「デザイン」【URL入力欄に chrome:settings】項目の[ホームボタンを表示する]で、「Babylon ・・・」というような項目があったら削除
  4. ブラウザの設定にある「検索」【URL入力欄に chrome:settings】項目の[検索エンジンの管理...]ボタンを押し、「・・・Babylon・・・」というような項目があったら削除 (必ず別の検索エンジンを[デフォルトに設定]に切り替えてから)

Firefoxの場合

  1. ウィンドウ右上の検索ボックスのアイコン→[検索バーの管理...]で、「・・・Babylon・・・」というような項目があったら削除
  2. [ツール]メニュー→[オプション]を選択し、[一般]タブ→[起動]項目で「ホームページ」の入力ボックスが「・・・Babylon・・・」に変更されていたら修正
  3. ブラウザの「アドオンマネージャ」を開いて、左メニューの「拡張機能」をクリックし「Babylon ・・・」というような項目があったら削除
    《〜Firefoxブラウザ再起動〜》
  4. Firefoxの【URL入力欄に「about:config」】と入力し「動作保証対象外になります!」で[最新の注意を払って使用する]ボタンを押して、ブラウザ上部の検索ボックスに下記のキーワードをコピペして、
    ◆ 「browser.newtab.url」 ⇒ 値が「about:newtab」ではないURLだったら項目を選択して右クリックメニューで[リセット]
    ◆ 「keyword.URL」 ⇒ 値が「・・・babylon・・・」だったら項目を選択して右クリックメニューで[リセット]
    ◆ 「browser.startup.homepage_override.buildID」 ⇒ 項目を選択して右クリックメニューで[リセット]
    ◆ 「extensions.BabylonToolbar」 ⇒ データ群が見つかったら各項目を選択して右クリックメニューで[リセット]
  5. C:\Program Files\Mozilla Firefox\searchplugins\ フォルダを開いて、「babylon.xml」というファイルが存在したらゴミ箱へ (64ビット環境だと「C:\Program Files(x86)\ 〜」)

Internet Explorerの場合

  1. ブラウザの[ツール]メニュー→「アドオンの管理」を開いて、「表示:」のリストから「すべてのアドオン」を選択し、右側のアドオン一覧で発行元が「Babylon ・・・」となってる項目をすべて無効化
  2. 同じく「アドオンの管理」で、左メニューの「検索プロバイダー」を選択し、「Babylon」を含む項目があったら削除 (必ず別の検索エンジンを[既定に設定]に切り替えてから)
  3. [ツール]メニュー→インターネットオプションで、[全般]タブの「ホームページ」の入力ボックス「・・・Babylon・・・」が変更されていたら修正

Babylon Toolbarのアンインストール (パソコンから削除)

次に、ツールバーを削除します。必ずブラウザを起動してない状態で行なってください。

  1. Windowsのコントロールパネルにある「プログラムの追加と削除」(Windows XP)、「プログラムと機能」(Windows Vista/7)で「Babylon toolbar」「Babylon toolbar on IE」というような項目をクリック
    あるいは、インストールフォルダ「C:\Program Files\BabylonToolbar\BabylonToolbar\*.*.*.*\」の中にある「uninstall.exe」ファイルを実行
  2. 『Browsers restart is required to complete the uninstall process! Click Ok to uninstall and restart the open browsers now』で[OK][はい]ボタンを押します。
  3. 『Click Yes to keep current home page and default search settings, Click No to restore original settings』で必ず[いいえ]ボタンを押します。
    (※この確認ダイアログは表示されないパターンあり)

レジストリのゴミを消します

レジストリにはシステムの根幹となる重要なデータが含まれてるので超慎重に作業してください。
「スタートボタン」→「ファイル名を指定して実行」→「regedit」でレジストリーエディターを開く
メニューの「編集(E)」→「検索(F)」でポップアップの「キー(K)、値(V)、データ(D)」にチェックを入れ「検索する値(N)」に「Babylon」と入力。
「次を検索」をクリック
【Babylon】が見つかればそのキー、値またはデータを削除
続けてメニューの「編集(E)」→「次を検索(X)」
これを繰り返してすべての【・・・Babylon・・・】を削除
※ かなりの量があると思います。
加えて、

Chrome

  1. Windowsのレジストリエディタで下の場所へ移動
    > HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Google\chrome\Extensions\dhkplhfnhceodhffomolpfigojocbpcb\
  2. もしこのキーの存在が確認できたら、その上位の「chrome」キーを選択して右クリックメニューで[削除]

Internet Explorer

  1. Windowsのレジストリエディタで下の場所へ移動
    > HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\Search\
  2. 右側の一覧で、項目名が「SearchAssistant」、かつデータが「http://search.babylon.com/ 〜」になってたら、「SearchAssistant」項目を選択して右クリックメニューから[削除]
    「Search」キーがそもそも存在しないなら問題なし!

それでも解決しない場合・・・

Internet Explorerで新しいタブを開いた時などにBabylon Searchがまだ開いてしまう場合

  1. レジストリエディタで下の場所へ移動
    > HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\AboutUrls\
  2. 右側の一覧で、項目名が「Tabs」、かつデータが「http://search.babylon.com/ 〜」となってたら、「Tabs」項目をダブルクリックして、初期値の選択して「res://ieframe.dll/tabswelcome.htm」に変更する
    「Tabs」項目がそもそも存在しないなら、何もしなくてOK!

☆ Hao123

勝手にブラウザスタートページになるHao123
これ自体はワルサはしませんが削除の難しい非常に癖の悪いソフトです。
かのスパイウェアーもどきの日本語入力システム、Baidu IMEで有名な「百度」(Baidu)製の品物です。
Babylon
削除方法はWebに色々出てますのでそれを参考に・・・
YAHOO ジオシティーズ
yossense
その他、「Hao123」で検索すれば山ほど出てきます。