Kijimomi_Rogo
現在時刻:ブラウザが対応していません

御用の方はMail(higashino@kijimomi.net)か
090-3862-4947
※ JavaScriptをOnにしてください

Google
WWW kijimomi.net を検索
広帯域接続のトラブル
エラーコード
エラー633【モデム (またはほかの接続デバイス) は既に使用中か、正しく構成されていません。】
すでに接続が確立している(接続中の)状態で、別の接続先に接続をしようとしたときに表示されます。
接続中の接続を切断してから、新しい接続を行ってください。
エラー 678【リモート コンピュータが応答しませんでした。詳しい説明については、 [詳細] をクリックするか、ヘルプとサポート センターでこのエラー番号を検索してください。】
1. 配線を確認して、再起動を行う
LANケーブルが抜けているなど、ケーブルが正しく配線されていない場合に表示されることがあります。
配線が正しく行われているかどうかを確認します。
壁のモジュラージャックとADSLモデムなどの機器、パソコンのLANポートとADSLモデムなどの機器が正しく接続されていることを確認します。
ADSLモデムなどの機器のほかに、ハブやルーターを使用している場合は、ハブやルーターを取り外し、パソコンとADSLモデムなどの機器を直接接続します。
※ 配線を確認後、パソコンとADSLモデムなどの機器を、すべて再起動します。
2. ADSLモデムなどのネットワーク機器のランプ状態を確認する
ADSLモデムなどの機器が正常に動作していない場合に、表示されることがあります。
ご利用機器に付属のマニュアルなどをご覧になり、ADSLモデムなどの機器のランプが正常な状態かどうかを確認してください。
3. パソコン側のLANコネクタのランプを確認する
一般にパソコンには、LANコネクタにランプが搭載されています。(一部の機種を除く)
パソコンのLANコネクタと、ネットワーク機器とをLANケーブで接続すると、LANコネクタのランプが点灯します。
LANケーブルと、ネットワーク機器の接続が完了しても、LANコネクタのランプが点灯しないときは、次の項目を順番に確認してください。
接続しているケーブルを確認する
ストレートケーブルか?
接続方法を変更して確認する
LANケーブルやパソコンを複数所有している場合は、接続方法を変更してランプの点灯状況を確認します。 複数所有していない場合は「接続状態を確認する」へ進みます。
接続状態を確認する
次の状態のときは、LANコネクタのランプは点灯しません。
  • LANケーブルの接続先のネットワーク機器(ルータ、ハブ、ADSLモデム、回線終端装置など)に電源が入っていない場合
  • 配線が外れている(緩んでいる / 断線している)場合
機器の電源の入れ直しや、LANケーブルの抜き差しを行い、LANランプのコネクタが点灯するかどうかを確認します。
重要
① IP電話機能があるADSLモデムの場合は、電源を切ると一時的に電話ができなくなる可能性があります。
あらかじめ、お使いの機器の取扱説明書などで確認してください。
② 一部のCATV(ケーブル)モデムなどは、常にデータ通信を行っているため、電源を切れないことがあります。
ご利用のケーブルテレビのプロバイダーにお問い合わせください。
次の手順で、ネットワークに関連する機器の接続を確認します。
操作手順
① Windows を終了し、パソコンの電源を切ります。
② パソコンの電源ケーブルを、コンセントから取り外します。
③ プリンタなど、ネットワークに関連しない周辺機器 / 増設機器を、パソコンからすべて取り外します。
④ ルーターなど、ネットワークに関連する機器の電源を切ります。
アドバイス:ネットワーク機器の電源の切り方は、機器のマニュアルをご覧ください。
④ ネットワーク機器の電源ケーブルを、コンセントから取り外します。
⑤ パソコンとネットワーク機器のLAN コネクタから、LAN ケーブルを取り外します。
⑥ そのまま、2分ほど待ちます。
⑦ パソコンとネットワーク機器に、LAN ケーブルを接続します。
⑧ LANケーブルの接続
アドバイス:接続するときは、LAN コネクタの形状とプラグの向きを確認し、「カチッ」と音がするまで、しっかりと差し込んでください。
接続がゆるんでいたり、正しく接続されていなかったりすると、インターネットに接続できません。
⑨ ネットワーク機器に電源ケーブルを接続し、ネットワーク機器の電源を入れます。
アドバイス:ネットワーク機器の電源の入れ方は、機器のマニュアルをご覧ください。
⑩ パソコン本体に電源ケーブルを接続し、パソコンの電源を入れます。
⑪ LANコネクタのランプが点灯するかどうかを確認します。
BIOSの設定を初期化する
接続しているケーブルの種類やケーブルの接続状態を確認しても、LANコネクタのランプが点灯しないときは、BIOS(バイオス)の設定でLANコネクタの動作が無効になっている可能性があります。
BIOSの設定を初期化(標準設定値の読み込み)し、LANコネクタのランプが点灯するかどうか確認します。
4. LANアダプタの動作を確認する
LANアダプタの動作が無効に設定されている場合や、正常に動作していない場合に表示されることがあります。
次の手順で、LANアダプタが正常に動作しているかどうかを確認します。
操作手順
① スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。
② パフォーマンスとメンテナンス」をクリックします。
③ 「パフォーマンスとメンテナンス」の表示がない場合は、次の手順に進みます。
④ 「システム」をクリックします。
⑤ 「システムのプロパティ」が表示されます。
⑥ 「ハードウェア」タブをクリックします。
⑦ 「デバイスマネージャ」ボタンをクリックします。
⑧ 「デバイスマネージャ」が表示されます。
⑨ 「ネットワークアダプタ」の左側の「+」をクリックし、「−」にします。
⑨ 直下に表示されるLANアダプタの名称に「!」マークや、「×」マークが表示されていないかどうか確認します。
アドバイス:「ネットワークアダプタ」項目のLANアダプタに、「×」マークなどの表示がない場合は、画面をすべて閉じます。
⑩ 「×」マークが表示されている、LANアダプタ名を右クリックして、表示されたメニューから「有効」をクリックします。
⑪ LANアダプタの表示の、「×」マークが消えたことを確認します。
アドバイス:この操作で「×」マークの表示が消えない場合や、「!」マークや「?」マークが表示されている場合は、LANドライバの再インストールを行ってください。
エラー 680【発信音がありませんでした。】
広帯域接続(PPPoE接続)の設定が正しくできていない可能性があります。
また、ダイヤルアップ接続で接続しようとした場合に表示されることがあります。
広帯域接続(PPPoE接続)の再作成を行ってください。
エラー 691【ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。】
入力したユーザーID、パスワードに誤りがあったり、入力漏れがある場合に表示されることがあります。 次の点を確認します。
  • ユーザーID、パスワードで、アルファベットの大文字小文字や、全角 / 半角の区別をしている場合があります。
  • ユーザー名を入力するときに、ドメイン名の入力間違いや、入力漏れがないかを確認します。
入力例 : 0123@kijimomi.net(ユーザーID@ドメイン名)
エラー 720【電話帳のエントリに接続できません。】
エラー 732【このコンピュータとリモート コンピュータで PPP 制御プロトコルに同意できません。】
エラー 733【リモート コンピュータへの接続を完了できませんでした。】
対処方法
[ブロードバンド接続のプロパティ]画面で、TCP/IPのチェックがついているかをご確認ください。
操作手順
① [スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]をクリックします。
② [ネットワークとインターネット]の[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
③ [ネットワークと共有センター]画面が表示されるので、[ネットワーク接続の管理]をクリックします。
④ [ブロードバンド接続]アイコンを右クリックし、表示されたメニューから[プロパティ]をクリックします。
⑤ [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。
標準ユーザーでご利用の場合は、メッセージ画面が表示されるので、続行するには管理者アカウントのパスワードを入力して、[OK]ボタンをクリックします。 [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。
⑥ [ブロードバンド接続のプロパティ]画面が表示されるので、[ネットワーク]タブをクリックし、[インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)]にチェックがついているかを確認します。
チェックがはずれている場合は、チェックをつけます。
⑦ [OK]ボタンをクリックします。
エラー 769【指定した宛先に到達できません。】
【指定した宛先アドレスが無効であるか、またはリモートアクセス サーバーが停止しています。
宛先アドレスを確認してもう一度操作を行います。】
次の項目を順番に確認してください。
1. 「ローカルエリア接続」の状態を確認する
「ローカルエリア接続」の状態が無効になっている場合に表示されることがあります。
次の手順で、「ローカルエリア接続」の状態を確認します。
操作手順
① 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。
② 「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。
「ネットワークとインターネット接続」の表示がない場合は、次の手順に進みます。
③ 「ネットワーク接続」をクリックします。
ネットワーク接続」が表示されます。
④ 「ローカルエリア接続」の状態を確認します。
⑤ 「ローカルエリア接続」が「無効」になっている場合は、「ローカルエリア接続」アイコンを右クリックして、表示されるメニューから「有効にする」をクリックします。
⑥ 「ローカルエリア接続」の表示が「接続」、または「有効」になったことを確認し、再度接続を行います。
上の操作で、「接続」または「有効」に変更できない場合や、「接続」または「有効」に変更行った後も同じエラーが表示される場合は、次のQ&Aを参考に、LANドライバの再インストールを行ってください。
2. LANアダプタの動作を確認する
LANアダプタの動作が無効になっていたり、正常に動作していない場合に表示されることがあります。
次の手順で、LANアダプタが正常に動作しているかどうかを確認します。
操作手順
① 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。
② 「パフォーマンスとメンテナンス」をクリックします。
「パフォーマンスとメンテナンス」の表示がない場合は、次の手順に進みます。
③ 「システム」をクリックします。
「システムのプロパティ」が表示されます。
④ 「ハードウェア」タブをクリックします。
「ハードウェア」タブ
⑤ 「デバイスマネージャ」ボタンをクリックします。
「デバイスマネージャ」ボタン
「デバイスマネージャ」が表示されます。
⑥ 「ネットワークアダプタ」の左側の「+」をクリックし、「−」にします。
表示されるLANアダプタの名称に「!」マークや、「×」マークがないかどうか確認します。
(表示されるLANアダプタ名は、お使いの機種によって異なります)
アドバイス:「ネットワークアダプタ」項目のLANアダプタに、「×」マークなどの表示がない場合は、画面をすべて閉じます。
⑦ LANアダプタに「×」マークがあった場合は、LANアダプタ名を右クリックして、表示されたメニューから「有効」をクリックします。
⑧ LANアダプタの表示の、「×」マークが消えたことを確認します。
アドバイス:この操作で「×」マークの表示が消えない場合や、「!」マークや「?」マークが表示されている場合は、LANドライバの再インストールを行ってください。
エラー 814【ブロードバンド接続に必要な基本イーサネット接続が見つかりませんでした。】
1. ご利用のネットワークアダプターの種類を確認します
他社製の機器の増設、PCカードタイプやUSBタイプ、またはドッキングステーションの場合は、ネットワークアダプターがしっかりささっているかを確認します。
ささっていない場合は、しっかりさして再度確認します。
2. [デバイス マネージャ]上で正常に認識されているかを確認します
[デバイス マネージャ]画面を表示して、ネットワークアダプターに[!]や[×(または↓)]が表示されていないかを確認します。
駄目な場合:ドライバーを入れ直す。
エラー 815【リモートサーバーが応答していないため、コンピュータでブロードバンドネットワーク接続を確立できませんでした。】
1. 物理的な配線に問題がないかを確認します
物理的な配線の接続状態に問題がある場合(ネットワークケーブルが抜けている、ケーブルの配線が間違っているなど)に表示されることがあります。
ネットワークケーブルが正常に差し込まれているか、配線に誤りはないかをご確認ください。
2. ADSLモデムなどのネットワーク機器が正常に動作しているかを確認します
ADSLモデムなどのネットワーク機器が正常に動作していない場合に表示されることがあります。
ご利用のネットワーク機器に付属されている取扱説明書などを参照し、ADSLモデムなどのネットワーク機器のランプが正常な状態かをご確認ください。
3. ご利用のネットワークアダプターの種類を確認します
他社製の機器の増設、PCカードタイプやUSBタイプ、またはドッキングステーションの場合は、ネットワークアダプターがしっかりささっているかを確認します。
ささっていない場合は、しっかりさして再度確認します。
4. [デバイス マネージャ]上で正常に認識されているかを確認します
[デバイス マネージャ]画面を表示して、ネットワークアダプタに[!]や[×(または↓)]が表示されていないかを確認します。