Kijimomi_Rogo
現在時刻:ブラウザが対応していません

御用の方はMail(higashino@kijimomi.net)か
090-3862-4947
※ JavaScriptをOnにしてください


パソコンが起動しない原因としては「 MBR の損傷 」、「 ファイルシステムの損傷 」、「 Windows 起動プログラムの損傷 」、「 レジストリファイルの損傷 」、「 Windows のプログラムの損傷 」があります。
1.Windows拡張オプションメニューから
パソコンの電源を入れてF8キー(機種によってはCtrlキー)を押す。(何回か続けて押す。)
Windows拡張オプションメニュー」が表示されるのであれば、パーテーション情報や Windows の起動に必要なファイルは正常に読み込まれています。そのため、起動系ファイルのトラブルではありません。
1) 前回正常起動時の構成で起動する
  • 「Windows拡張オプションメニュー」が表示されるので「前回正常起動時の構成で起動する」を選択する。
これで正常に起動すれば成功です。
※ ただし、最後に正常に起動してから行った操作(アプリケーションのインストールや周辺機器のドライバの設定)などの情報は失われています。
2) セーフモードで起動する
  • パソコンの電源を入れてF8キー(機種によってはCtrlキー)を押す。(何回か続けて押す。)
  • 「Windows拡張オプションメニュー」が表示されるので「セーフモード」を選択する。
セーフモードで起動するようであれば: 起動に必要なファイルに何らかの問題が発生している。
○ 新しくハードウェアやソフトウェアをインストールした後やパソコンを強制終了させた後にWindowsを起動できなくなった場合は、そのハードウェア設定の削除や、ソフトウェアの削除、システムの復元等を行ない、Windowsが以前の設定に戻す。
○ ビデオ・カードを入れ替えていたり、デバイス・ドライバを更新していたりすると、これらにより不都合が起きた可能性があり、起動さえできれば、原因のドライバを元に戻せば良い。
セーフ・モードなら、必要最小限のドライバとサービスだけで起動できるため,立ち上がる確率がかなり高い。
○ データのバックアップ作業を行なう。
2.回復コンソールを起動する。
  • インストールされている回復コンソールを起動する。
1)起動後に表示される「オペレーティングシステムの選択」画面にて、キーボードの上下矢印キーを押して「Microsoft Windows XP 回復コンソール」を選択し、キーボードの「Enter」キーを押します。
2)「Windows XP ・・・ セットアップ セットアップの開始」画面が表示されますので、キーボードの「R」キーを押します。その後、画面が切り替わたら「半角/全角」キー、「Y」キーの順に押します。
  • 起動ディスクを使って回復コンソールを起動する。(リカバリー・ディスクではありません。)
「セットアップの開始」画面が表示されたら、キーボードの「 R 」ボタンを押す。その後、画面が切り替わったら「半角/全角」キー、「Y」キーの順に押します。
回復コンソールはコマンドプロンプトからのコマンド操作になります。
○ listsvc コマンドで Windowsのプログラムやドライバを調べ、次に損傷していると思われるプログラムやドライバを disable コマンドで停止します。なお、作業に間違いがあったときは enable コマンドで、再開できます。
○ ググルとレジストリーの修復が出てきますが、もし修復するとしたらKnoppixやUbuntuでレジストリの修復を参考に!