現在時刻:ブラウザが対応していません

御用の方はMail(higashino@kijimomi.net)か
090-3862-4947
※ JavaScriptをOnにしてください
Kijimomi_Rogo


京都府八幡市で、パソコンのトラブルの出張・修理、インターネット接続・LAN(無線を含む)の設定、OSやアプリケーションのインストール・設定などを行っています。
インターネット、ネットワークやパソコンに関することなら何でも相談ください。(Windows系 Only)
テリトリー :京都南部(伏見区、久御山町、八幡市)、枚方市くずは地区    Mail(higashino@kijimomi.net)か090-3862-4947迄

Windows 8が起動しない場合のSafeMode起動

起動中にフリーズしてしまったり、ログイン画面前後でフリーズしてしまう場合はWindowsの起動メディアを使って外から操作を行う。
Windowsのセットアップ用メディアをセットし、BIOSでDVDから起動する様オプションを設定したら、メディアから起動する。

Windows 8のセットアップ画面で「次へ」をクリックする

setup

左下の「コンピューターを修復する」をクリックする。

recover

オプション選択画面が表示されるので、「トラブルシューティング」を選択

trableshoot

トラブルシューティングの選択画面で「詳細オプション」を選択

option

詳細オプション選択画面から「コマンド プロンプト」を選択

command

・「システムの復元」は、Windowsが持つ「復元ポイント」を使う方法
主に、ドライバーやアプリケーションのインストールによって問題が発生した場合に利用する。

・「イメージでシステムを回復」は、本体内ストレージに保存されたシステムのイメージ(PCのリフレッシュなどで使うシステムイメージ)を利用する方法

・「自動修復」は、Windowsのシステムファイルを復旧する。自動修復といっても、あらかじめ想定された障害にしか対応していないため、必ずしも有効でないことがある。

コマンドプロンプトが開くので、

bcdedit /v

と入力する。現在設定されている起動OSのリストが表示される。

「description」が「Windows 8」となっているブートローダーを探し、

commandprompt

「identifier」の項目の右にあるID番号をコピーする。ID番号のあたりをダブルクリック後右クリックすればコピーされる。

identifier

bcdedit /copy {コピーしたID} /d "Windows 8 SafeMode"

と入力してブート項目のコピーを作成する。"Windows 8 SafeMode" は任意の名前でOK

mode

再度bcdedit /vでリスト表示すると、コピー作成したブート項目が最後に出てくるので、今度はこのidentifierのID番号をコピーする。

mode2

bcdedit /set {コピーしたID} safeboot minimal

と入力する。これで、コピー作成したブート項目にセーフモード起動フラグが設定される。

bcdedit /vでリストを見るとオプション設定されているのが分かる。

bcdedit

bcdedit /vでリストを見るとオプション設定されているのが分かる。

option2

exitでコマンド プロンプトを抜けるとオプション選択画面に戻るので、「別のオペレーションシステムの使用」を選択する。

another

作成したセーフモード用ブート項目が表示されるので、クリックする事でセーフモードで起動する。

safemode

これでセーフモードで起動できます。

ただし、毎回起動時このオプションが表示されるので、msconfigを使ってオプションを削除したりタイムアウトを短くする設定する方がBetter。